日本遺産 食の魅力発信事業「鞆の食卓」の打ち上げ~先輩たちからのメッセージ

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

去る、平成31年(西暦2019年)3月24日に開催された「鞆の食卓」(鞆の食卓については、下記のリンクより過去ブログをご参照ください)。

日本遺産 食の魅力発信事業「鞆の食卓」閉幕~チームで走りきった4カ月間
日本遺産 食の魅力発信事業「鞆の食卓」閉幕~チームで走りきった4カ月間
こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v 先日の日曜日、平成31年(西暦2019...

その打ち上げを、昨日(4月24日)に鞆町カフェー454にて行いました!

もちろんその日鞆町カフェー454は貸し切り。鞆の食卓の企画運営スタッフ、体育会の会長さん、アイヤ節保存会の皆様、そして鞆の食ボランティアの皆様、総勢27名での開催。会場キャパが約20名なので、ギュウギュウ。

最初こそ若い人と年配の方が分かれて座って話してましたが、中盤にもなると入り混じっての歓談に。アイヤ節保存会の方々の武勇伝、食のボランティアの方から聞く僕のおじいちゃんの話。

これまでは「誰に何を言われても、やりたいことをやる!」というスタンスでしたが、それは独りよがりだったなぁ、と。日本遺産の事業を進めるにあたり、年度内事業として遂行するためのスピード感と組織。そこにひずみが生まれ、地元・地域とのコンセンサスが取れぬまま進みそうになっていたこと。市が仲介役になるメリットとデメリット。

今回の打ち上げを含めて「鞆の食卓」。このイベントを通して気づく先輩たちの親心。

先輩たちからのメッセージを組み合わせると、

「これからの地域を背負うんは若いもんじゃ。けど、町内、祭りといった最小のコミュニティは大事にせぇよ。ちゃんと顔出せぇよ。それがこれまで築いてきた鞆の礎じゃ。そうやって地域の信頼を得てこそ、事を成せるんじゃぞ。」

こんな感じと勝手に解釈。

鞆の食卓があっての打ち上げ。しかしながら、こんな打ち上げを定期的に開催したいなぁ、と。最小コミュニティを大切にしつつ、その枠を広げていく感じ。変わる予感。

以上、チェックでした!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) • Instagram photos and videos
1,075 Followers, 913 Following, 695 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

2019年4月24日(水)の試合結果
中日 0-5 広島

打線は2回裏、會澤のソロホームランで先制すると、西川、小窪の連打で1アウト1、3塁。続く野村がスクイズを決めこの回2得点。さらに3回裏、菊地、長野の連続弾で2点を加える。長野はカープ加入後、マツダスタジアムでの初本塁打。7回は長野のゲッツー崩れの間に1点。

投げては先発の野村が7回を投げて無失点とナイスピッチング。8回はフランスア、9回は一岡が無失点リレーで完封勝利!

これでチームは6連勝!!最大8個あった借金も2つに!

今日は大瀬良。エースで勝って7連勝といこうで!

ほいじゃあ、また!

【チーム成績(2018年4月23日現在)】

順位 試合数 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
4 22 10 12 0 .455 4.5 78 101 20 7 .229 3.74

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします