福山市水呑町でランチ・中華料理「宝楽(ほうらく)」

シェアする

こんにちは!チェックです(*^^)v

今日は福山市水呑町にある中華料理屋をご紹介しましょう!
今回ご紹介するのは「宝楽(ほうらく)」です。

IMG_0128_r

ここは僕が小さい頃からある老舗中華料理屋さんで、
子どもの頃よく来ていた記憶があります。

お店の雰囲気

IMG_0124_r

宝楽といえば、この看板でしょう!
地元民のランドマーク的存在の看板です。

IMG_0125_r

お店の外観はこんな感じ。昔から変わってません。
これも「宝楽」って感じの建物です。(どんな感じや)

さ、とにかく店内へGO~

IMG_0129_r

店内に入ってすぐカウンターが6席あり、

IMG_0131_r

右奥から4人掛けの座敷、6人掛けの座敷

IMG_0130_r

さらに6人掛けの座敷、4人掛けの座敷が2つ

IMG_0132_r

お店を入って左側には6人掛けの円卓が2つあります。

メニュー

まずはディスプレイから!

IMG_0140_r

IMG_0141_r

中華料理のディスプレイは食欲をかき立てられます!

そして店内メニューがこちら!

IMG_0134_r

ザ・中華料理屋といったメニューがならんでます。

定番のラーメンから、ねぎラーメン、とんこつラーメン、
ちょい辛ラーメン(気になる…)、激辛ラーメン(今度トライ)、
味噌ラーメン、天津麺など、ここに書ききれないくらい豊富な麺類。
焼きそばや冷麺もあります。

さらに定食メニューも豊富で定番の日替わり定食や

IMG_0136_r

こちらの満腹Aセット(ラーメン、チャーハン、キムチサラダ)、
満腹Bセット(ラーメン、カツ丼、キムチサラダ)や
各種定食、お子さまランチもあります。

IMG_0134_r

他にも単品メニュー、一品料理もめちゃくちゃ豊富です。

こんなシーンでの来店がオススメ!
こんな体験はいかが?

ここはやっぱ家族連れで来るんがええね!
座敷もあるので、小さなお子様と来ても安心です。
(お子さまランチや単品メニューも豊富なので)

内装も昔ながらの中華料理屋さんって感じで
僕らの世代は懐かしさを感じるんじゃないでしょうか。

お店の情報・アクセス・駐車場

営業時間

11時~22時

定休日

月曜日

連絡先

084-956-1224

お店の場所・アクセス・駐車場

広島県福山市水呑町4059-15

駐車場

IMG_0126_r

お店の前、そして

IMG_0123_r

裏側と駐車場は豊富にあります。

ここ宝楽には「2階」があります。

IMG_0135_r

予約が必要ですが、2名様以上から各種宴会・コース料理を
楽しむことができるんよね!

また、毎週木曜日は…

IMG_0138_r

魅惑のギョーザーサービスデー!!是非、お持ち帰りで!

以上、チェックでした!

取材、ブログへの掲載依頼、情報提供はこちらから

広島カープ

8月28日(木)の試合結果
広島 3-6 ヤクルト

昨日の先発はエースマエケン。

いきなり先頭打者にヒットを許すと内野ゴロの間に3塁まで進められ
犠牲フライで先制点を許す。

しかし、その直後の1回裏。
堂林、菊池、丸、エルドレッド、梵の5連打で逆転すると、
ロサリオの打球がフィルダースチョイスとなり一挙3得点!
(ほんまは後1、2点取らんといけん状況じゃったね…)

しかーし!昨日はエースマエケンが不安定。
3回に2失点し同点に追いつかれると、4回にも2失点し逆転を許す。

結局4回を投げて5失点。エースで打たれる痛い展開となりました。
これではリズムが作れんし、流れもヤクルトへ。
相手投手も2回以降は立ち直る始末。

打線は初回以降、6回そして9回とチャンスを作るも
ものにすることができず、ゲームセット!

2勝1敗で勝ち越したけぇええわ…という時期じゃない。
取りこぼしのないように勝っていかんとね!

さぁ、今日からは中日と3連戦。先発は大瀬良。

今日は勝つで!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら
(フォローよろしく!フォロバします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします