勤労感謝の日ではなく、新穀の収穫・五穀豊穣を感謝する日

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平です(*^^)v

今日は毎月恒例の軽トラ市の日でした。天気にも恵まれ、暖かく、とっても気持ちの良い日でした。

さて、今日は11月23日。カレンダーには「勤労感謝の日」と書かれていますが(そうじゃないカレンダーもある)この日が勤労感謝の日となったのは1948年。それ以前は「新嘗祭(にいなめさい)」でした。(一般的には「にいなめさい」、「しんじょうさい」とも呼ばれる)

なぜ「新嘗祭」から「勤労感謝の日」になったかというと、戦後のGHQの占領政策に基づき、新嘗祭を天皇行事・国事行事から切り離すため。簡単にいえば日本の良さを取り除くためですね。

ということで、今日は新嘗祭です。

新穀

新嘗祭とは?

新嘗祭とは、新穀(穀物)の収穫、五穀豊穣を神に感謝するお祭り。「新嘗(にいなめ)」という意味は、その年に収穫された新しい穀物を食べるということ。

新嘗祭は、日本の古来より重要なお祭りで、天皇陛下が新穀を先祖をはじめ神々にお供えし、神の恵みに感謝した後、天皇陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中の恒例祭典の中で最も重要なものです。また、天皇陛下が自ら栽培した新穀もお供えします。

また、この日は全国の農山漁村ではもちろんのこと、それぞれの地方の神社に新穀を捧げ、その年の収穫を神々に感謝してお祝いをしてきました。

現在も、新嘗祭までは新米を口にしない風習が残っている地域もあります。

お米、つまり「稲穂」は古事記に出てくる「天照大神(あまてらすおおみかみ)」の孫にあたる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が国を治め、国民を養うために授けられたもの。

つまり、我が国、日本の起源に繋がるわけですね!

日本人としては、もっとも大事な大祭です。「勤労感謝の日」で終わらせてはいけない日です。

以上、チェックでした!

取材、ブログへの掲載依頼、情報提供はこちらから

ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

「カープファン感謝デー」

今日はマツダスタジアムでカープファン感謝デーが開催されましたね。
暖かく、天気にも恵まれ、参加された方は楽しめたのでは?
行きたい気持ちもあったのですが、予定がブッキングしたので断念。

今日のスポーツ元気丸で少しは放送されますかね?

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら
(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします