【トイレ】飲食店の兼用便器を洋式トイレへリフォーム(前編)~解体作業、給排水工事、土間コンクリート打設

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

本日は当社が手掛けた兼用便器から、洋式トイレへのリフォーム事例を公開します。飲食店のトイレリフォームになります。

兼用便器?と聞いてもピンとこない方もいるかもしれませんので、以前もご説明しましたが改めて。

大でも小でも対応できることから正式には大小両用和式便器と言われ、一般的には「兼用便器」と呼ばれるものです。

今回はこちらの兼用便器を洋式トイレに変えるリフォームを行いました。

トイレリフォーム1日目

まずは解体作業からスタート。既存の便器を撤去、床がむき出しになります。合わせて、給水と排水の工事も。1日目はこれで終了。

トイレリフォーム2日目

2日目は土間コンクリートの打設工事。

これでトイレリフォームの全肯定の半分が終了。明日は後編をお届けします!

飲食店の兼用便器を洋式トイレへリフォーム(後編)

【トイレ】飲食店の兼用便器を洋式トイレへリフォーム(後編)~パネル・クッションフロア貼り、給排水接続、トイレ設置
【トイレ】飲食店の兼用便器を洋式トイレへリフォーム(後編)~パネル・クッションフロア貼り、給排水接続、トイレ設置
こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v 本日は当社が手掛けた兼用便器から、洋式...

では、また明日!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

https://www.instagram.com/shinpei_ogawa/

広島カープ

2020年1月14日(火)

「高橋昂也、今春に復活を目指す」

昨年(2019年)2月に左ひじを手術した高橋昂也が、今春の実践復帰を目標に掲げている。左ひじの状態は「違和感は全くなく、いい状態。4月には試合で投げれれば」と本人。

13日は廿日市市の大野屋内練習場でキャッチボール。力強いボールを投げた。術後のリハビリ期間は体力増強に充てる。「体が強くなっている。軸がぶれなくなった」は、怪我の功名か。

キャンプでブルペン投球。その後、公式戦での登板を目指す。

昨年同じトミージョン手術から復活をした床田には勇気をもらえるはず。個人的に期待している左腕なので、復活を期待!ただ、焦らずに、じっくりやってほしいね。

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします