福山市新市町の吉備津神社で素読教室に参加

シェアする

こんにちは!
動きづらいけど雨は割と好きなチェックです(*^^)v

昨日は福山市新市町に鎮座する「吉備津神社」にて
広島まほろば学習会が主催している「素読(そどく)教室」に
参加してきました。

DSC_0137

僕が参加するのは今回で2回目。前回は6月…だったかな?
福山の備後護国神社でされたんよね!

素読とは…?

まずはみなさん「素読(そどく)」って言葉知ってますか?
僕は恥ずかしながら知らんかったけど…。

言葉の意味を知っとる、理解する、ってことはまず置いておいて、
有名な古典や和歌などを「声に出して」読むことを「素読」っていうんよね。

先人から伝わる「美しい日本語」をたくさん発する(口にする)ことで
(同時に耳から聞くことにもなる)
意味は分からずとも「言葉のストック」ができる。

現代の若者(若者というより、僕らの世代も含めて)は
正しい日本語が使えないとか、間違った日本語が使われてるってのは
まさにこの「言葉のストック」がないからだと思うんよね。

発想力や発信力はもちろん大事なんじゃけど、
それはちゃんとした下地(言葉のストック)があってこそ。

まぁ、しょうがないよね。
だって学校では「良い学校に行くための勉強」がほとんどじゃもん。
(いや、今の教育現場は知らんけど、少なからず僕らの時はそうだった。)

それは「教育」とは呼ばんよね。
良い学校に行くための「手段」になってしもうとる。

ちょっと話がそれだけど、そういった「言葉のストック」を増やしてくれるんが
素読教室なんよね!

「意味が分からない言葉をストックしても効果ないのでは?」

という声が聞こえてきそうですが、これはあくまで大人の考え。
小さい子どもは「親の発する言葉の意味は理解できなくても」
ちゃんと言葉とその意味を覚えていってるんですから。

そして、この素読教室は地元の歴史に触れながら
授業を進めてくれるんよね!

古典や偉人の和歌に触れながら地元の歴史も学べる。

子どもの語彙(ごい)力は小学校2年~6年生の間が
もっとも獲得率が多いらしい。

もちろん、それ以下の子どもも大人も参加OK!
僕はいつも2歳のチビを連れて家族3人で行ってます。

ご興味のある方はこちらのフェイスブックページを!
https://www.facebook.com/hiroshima.mahoroba

DSC_0136
(写真は昨日の様子)

次回、福山での素読教室の開催は8月3日(日)
福山城北の備後護国神社にて!

以上、チェックでした!

広島カープ

7月6日(日)の試合結果
広島 2-2 ヤクルト(雨天のためノーゲーム)

昨日の先発は九里。
初回にエラーで失点する嫌な流れ。3回にもソロホームランを浴び
失点するも、その裏、丸・エルドレッドの連続ホームランで追いつく!

しかし、4回表を終わった時点で雨が強くなり中断。
そして、そのまま雨天ノーゲーム。

丸とエルドレッドのホームランは幻になってしもうたね。

雨天ノーゲームとなれば、球場に行った方の楽しみが
中東のパフォーマンス(笑)

恋するフォーチュンクッキーを昨日はロサリオと(笑)
ファンは嬉しいよね~♪

一日開いて明日からはオールスター前の9連戦!
前半戦の一つの山場になるね!明日も勝つど!

ほいじゃあ、また!

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします