福山市鞆町にある雑貨屋・ギャラリー「つくろい空間 松右衛門帆」

シェアする

こんにちは!チェックです(*^^)v

今日は福山市鞆町にある雑貨屋&ギャラリーをご紹介しましょう!

前回ご紹介した「茶房 田渕屋」に隣接(…というより繋がっとる)
している「つくろい空間 松右衛門帆(まつえもんほ)」です。

IMG_0844_R

江戸時代生まれの軽くて丈夫な極厚帆布

日本最古の帆布(はんぷ)「松右衛門帆(まつえもんほ)」の祖として
知られとる、兵庫県高砂市(たかさご)出身の海運業者の
工楽松右衛門(くらくまつえもん)。

江戸時代の船の帆は、木綿布を2~3枚重ねてつなぎ合わせるのが主流で
破れやすいものじゃったらしい。

そこで、この工楽松衛門(くらくまつえもん)が
播州(ばんしゅう)産(兵庫県西部の播磨地方)の丈夫な木綿を
使って織りあげる「松右衛門帆」を開発すると、
軽くて耐久性にすぐれていると評判になり全国に普及していったそうな。

北前船などに使われて、海運業の発展に貢献したといわれとんよね。
また「鞆港」の港湾整備(?)も行っとって鞆との結びつきも強い。

携わった港は「鞆」だけでなく「択捉」「函館」「神戸」にも及ぶ。

こういった功績から1802年(享和2年)になんと幕府より
「工事を楽しむ」「工夫を楽しむ」という意から
「工楽(くらく)」という姓を賜ったんよね。

そんな「工楽」松右衛門はこんな言葉を残している。

「人として天下の益ならん事を計らず、
 碌碌(ろくろく)として一生を過ごさんは
 禽獣(きんじゅう)にも劣るべし」

つまり…

人として世の中の役立つことをせずに、
ただ一生を漠然と送るのは鳥や獣に劣る

松右衛門さん、僕もそう思います。

と、松右衛門帆の説明はこのくらいしてお店の紹介を!

雑貨・ギャラリーの雰囲気

IMG_0843_R

お店の外観はこんな感じ。

IMG_0845_R

入り口脇には「ぽにょ」の可愛いプチ噴水が。中に入ると…

IMG_0908_R

IMG_0907_R

帆布(はんぷ)を使ったバッグをメインに様々な雑貨が並んでます。
鞆の散策途中にブラっと立ち寄ってみてぇね!

お店の情報

営業時間

12時~17時(基本的に田渕屋と同じ)

定休日

水曜日

連絡先

084-983-5085

お店の場所・アクセス・駐車場

広島県福山市鞆町鞆838

バスで来られる方は鞆鉄バスに乗り「鞆港」で下車。徒歩5~10分。

車で来られる方は付近に駐車場がないけぇ、町内の駐車場へ。
一番近い駐車場がコチラ! 鞆の浦歴史民俗資料館の駐車場。
ここから徒歩約5分。

IMG_0174

駐車場の前面道路は一方通行じゃけぇ、鞆港から周りこんで来てぇね!

市営渡船場横の駐車場も同じくらい近いんよ!
鞆の駐車場はこちらで確認できます。

以上、チェックでした!

広島カープ

5月20日(火)の試合結果
広島 3-6 ソフトバンク

うーん…交流戦の初戦を獲れんかった…。
終盤追い上げたんじゃけど、後一歩、いや二歩か?及ばんかった。

8回、キラのバックスクリーンへの打球はビデオ判定に。
映像みてないけど、実際はどうだったんじゃろうか?

でも、6-0で終わらず終盤に反撃できたんは今日に繋がるね!

とりあえず、昨日の試合は忘れよう(笑)
交流戦の雰囲気にも慣れた(?)ところで仕切りじゃね!

今日の先発はルーキーの九里。
米子でのピッチングをもう一度!今度は勝ち星を!

今日は勝つど!

ほいじゃあ、また!

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします