【講演会】元広島東洋カープの木村省吾氏が広島市内で講演~中小企業家同友会青年部会のオープン例会

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

今日は僕が所属している広島県中小企業家同友会(以下、同友会)の青年部の講演会(オープン例会)のご案内をします。

元広島東洋カープの「キムショー」こと、木村省吾氏をお招きしての例会です!

参加するにあたっての注意事項を後半に書いております。

木村省吾氏のプロフィール

カープファンなら知らない人はいないでしょう!

木村省吾。1980年4月16日、大阪府生まれ。

尽誠学園で3年の夏に甲子園に出場。愛知学院大学に進学。2002年にドラフト11位で横浜に入団。2007年シーズン終了後にカープの小山田と交換トレード(この時、カープは小山田、横浜は木村・岸本の1対2の交換トレード)。

2010年は打席が少ないながらも(164打席)打率.324をマークし、自己最多となる10二塁打、5三塁打を記録。2011年は梵が負傷離脱し、ショートのレギュラーに定着。106試合に出場し、打率.259、自己最多の37犠打を記録。2013年も打席が少ないながらも(133打席)打率.325をマーク。2014年にはランナー2、3塁(3塁ランナー赤松、2塁ランナー木村)からツーランスクイズを決める好走塁を見せる(これについは詳しく後述)。

2015年にFA権を行使するも、移籍先が難航。結果、西武にテスト生として入団。2017年に戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトを受けるも、他球団のオファー獲得に至らず。しかし、クリケット関係者から身体能力の高さを評価されたことでクリケットに転身。プロ野球選手がクリケット選手に転向した事例は、木村氏が世界で初めて。2018年にはクリケットの日本代表の強化選手に選出。クリケット界の最高峰である「インディアン・プレミアムリーグ」での活躍を目指す。

活躍する場所を移して、第一線で活躍する木村氏。木村氏のように第一線で活躍するために何を意識し行動していくか。新しいことに挑戦するために何を判断基準にしていくのか。変化や進化を続けることで、経営者として人間として、どう成長するのかを学んでいきます。

開催概要

開催日 令和元年(西暦2019年)
9月17日(火)
開催時間 19時~21時
受付開始は18時30分から
参加費 3,000円
※チャレンジ枠として、大学生は無料。
 29歳以下の社会人は1,000円
※定員100名
場所 ひろしま国際ホテル3階
(広島市中区立町3-13)

タイムスケジュール

19時00分 開会挨拶、木村省吾氏報告
19時50分 グループ討論
20時30分 グループ発表
20時45分 閉会挨拶、その他
21時00分 閉会

講演会に参加するにあたっての注意点

このブログでは伝わりやすくするため便宜上「講演会」という言葉を使っていますが、広島県中小企業家同友会(同友会)、広島西青年部の「オープン例会」になります。同友会の理念の1つに3つの目的があります。簡潔に説明すると「良い会社をつくろう」「良い経営者になろう」「良い経営環境をつくろう」の3つを掲げて、経営者、後継者、それに準ずる会員が勉強している会です。

また、通常の講演会とは異なり、報告を聞いたあとに「グループ討論」といって、1つのテーマを元にグループ毎にディスカッションを行います。報告を深掘りするため、様々な意見を聞いてそれを自らの「気づき」とするためです。

ちなみに今回のグループ討論のテーマは「変化・進化・成長しようとしていますか?」。自分の今の仕事や今後の目標などを元に討論を行います。

そのあたりをご理解いただいた上で、エントリーいただければと思います。

参加をご希望される方は、こちらの問い合わせフォームにて僕に直接ご連絡ください。

お問い合せ
お問い合せ

まとめ

さてさて、木村省吾氏のプロフィールのある意味続きを。ここからはカープファンじゃない方はスルーでいいです(笑)

2014年のツーランスクイズの話です。

2014年7月26日。マツダスタジアムで行われた阪神との12回戦。

カープ先発は大瀬良、阪神は先発岩崎が共に乱調で互いに早期降板。大瀬良は3回で降板。その後、中崎がロングリリーフで3回を無失点。7回は一岡が無失点。

試合は7回が終わって5-3とカープがリード。しかし8回表、4番手中田が2点失い同点に追いつかれる。

そして8回裏。8番會澤がヒットで出塁(代走赤松)、代打木村省吾が四球を選びノーアウト1、2塁。1番堂林が(そんな時代もあった)送りバントを決め1アウト2、3塁。続く打者は菊地。

カウント1-1から菊地が一塁線へセーフティースクイズ!ファーストゴメスが捕球するも赤松は本塁生還!ゴメスはファーストへ送球。その隙に2塁ランナーの木村省吾は3塁を蹴って本塁へ!ベースカバーに入った上本が慌てて本塁に送球するも、木村省吾の好走塁&好スライディングで本塁セーフ!結果、ツーランスクイズ完成!

9回表はミコライオがピンチを招きながらも無失点で凌ぐ。

この2点が決勝点となり、カープは7-5で勝利!

この日はエルドレッドが5打数3安打1本塁打3打点と活躍。あれから5年経って、今は駐米スカウト。

なんか最後は話それたけど、まぁ、いいや(笑)

以上、チェックでした!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) • Instagram photos and videos
1,075 Followers, 913 Following, 695 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

2019年9月6日(金)の試合結果
阪神 3-6 広島

打線は2回裏、會澤のライトスタンドへのソロホームランで先制!さらに4回裏、この回先頭の三好がヒットで出塁すると、1アウトから西川の打球がボテボテの内野安打に、これで1、2塁。ここから菊地のタイムリー、鈴木誠也のタイムリーで2得点。鈴木誠也盗塁、長野四球で満塁。會澤の2点タイムリー、メヒアのタイムリーに内野安打で、この回一挙5得点。リードを6点へと広げる。

先発の九里は5回まで無失点ピッチング。6回表、ヒットと四球で2アウト1、2塁のピンチをまねくと、タイムリーを浴び1点返される。さらにレフト線へのフライをショート、レフトが追いかけるも、三好が取れず、タイムリーエラーに。リードは3点に。

それでも九里は7回を投げて3失点(自責点1)と好投。8回は菊地保則、9回はフランスアがしめてゲームセット。これでチームは2連勝。

巨人、阪神ともに敗れたため、ゲーム差が縮まる。カープは残り13試合、首位とのゲーム差は4.5。厳しいけど、まだ何があるか分からん。特に今季は連勝、連敗が多い。もう一波乱あるとおもしろい。

ほいじゃあ、また!

【チーム成績(2019年9月6日現在)】

順位 試合数 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
3 130 65 62 3 .512 4.5 544 541 129 75 .254 3.63

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします