【首相会見まとめ】緊急事態宣言の記者会見を3分で読める文章に~国民一丸の行動変容で医療負担と感染拡大を抑える!

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

昨日、7都府県に緊急事態宣言が発出され、それに伴い首相会見が開かれました。

見逃した!という方は、首相官邸のyoutubeに動画がアップされているのでご覧ください。

冒頭では、全国の医師、看護師、看護助手、病院スタッフの皆さんやクラスター対策に携わる保健所や専門家、臨床検査技師の皆さんに、国民を代表として感謝の意を述べられていました。

内容を抜粋すると以下の内容。3分で読める文章にまとめてみました。

・感染予防に欠かせない医療物資は国内で増産している
・宿泊施設を確保し、軽症者の療養を行う。病院の機能維持をはかる
・東京都では五輪施設を改修し800床規模の軽症者を受け入れる整備をする
・医療への負荷を抑えるためにも感染拡大させない必要がある
・7都府県は生活の維持に必要な場合を除き、外出しないよう要請すべき
・人と人との接触は最低7割、極力8割削減できれば2週間後にピークアウトできる
・上記のことを実行するのは並大抵のことではないが、取り組みをお願いしたい
・密閉、密集、密接を避ける行動を徹底してほしい
・自分が感染しているかもしれない意識を持ち、人混みを避け、マスクをするなどの行動をお願いしたい
・そのことが他人の命を守り、自分の命を守ることにつながる
・GDPの2割におよぶ108兆円規模の経済対策を行う
・困難に直面している家庭、小規模、中規模事業者に総額6兆円を超える現金給付を行う
・一世帯あたり30万。児童手当支払いに合わせ1万円を追加する
・事業者向け給付金制度として、中堅、中小法人に200万、個人事業主に100万を支給する
・固定資産税の減免、消費税などの納税、社会保険料の支払いは1年間猶予する。延滞金は不要。
・地方銀行、信用金庫、信用組合でも無利子、無担保、最大5年間の原本返済、据え置きの融資を受けられるようにする
・国民の皆様とともに、戦後最大の危機を乗り越えていく
・東京や大阪での感染リスクは、現状でも不要不急の外出を自粛すれば高くない
・地方に移動するなどの動きは厳に控えていただきたい
・皆さんの行動(行動自粛)で多くの命が確実に救われている
・政府や自治体だけの取り組みでは緊急事態を乗り越えられない。改めてご協力をお願いしたい。
・ワクチンの開発、治療薬の開発、人工呼吸器の増産は進んでいる
・この国家的な危機にあたり、ウイルスとの戦いに皆さんのお力を貸していただきたい
・私たちは、みんなで力を合わせればこの緊急事態という試練も、必ず乗り越えることができる

マスコミというフィルターがかかっていない分、ダイレクトに伝わりました。日本国民としてしっかりと受け止めました。

本日付け(令和2年4月8日)で経産省の支援策リーフレットが更新されてますので、事業者の方はご覧ください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

しかし、この後に及んで政府を批判している方々にはちょっとうんざりしますね。もちろん意見は発するのは表現の自由だと思いますが、必要以上に批判しても何も生まれない。

自身が投票した国会議員や政党に声を届ければいいのにな、と思います。代理人を選んだわけですからね。選挙に行ってない人は言う資格なしです。

僕自身も新型コロナウイルスなんて、ただの風邪じゃないの?と、甘く見ている部分がありました。

ウイルスは自分で動くことができない。人間が動くことで同時にウイルスも移動する。そして、くしゃみや咳などで外部に出てしまう。ある意味「弱点が明確」です。ウイルスに「足」はない。

国民一丸となって、日々の行動を変え、この難局を乗り越えていきましょう!

では、また明日!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) • Instagram photos and videos
1,087 Followers, 919 Following, 722 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

2020年4月8日(水)

「全体練習をやめ、グループ練習に」

3日練習して1日休むというメニューに。さらに投手と野手をそれぞれ2組に分け、午前と午後で振り分ける。しばらくは対外試合も、紅白戦もなし。接触を極力減らした練習ってなかなか難しい。

選手にとって感染して、安静にすることで、筋力の低下などが一番のリスク。

メニューは限られるけど、やれることをやるしかないね。

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします