今月で福山市鞆町の軽トラ市は3周年~なぜ3年間継続できたんじゃろうか?~

シェアする

こんにちは!髪を切ってさっぱりしたチェックです(*^^)v

昨日は毎月第4日曜日に開催している鞆の朝市、
「とも・潮待ち軽トラ市」、通称「軽トラ市」のミーティングの日でした。

とも・潮待ち軽トラ市についてはこちらをチェック!

IMG_0354_r

(昨日のミーティングの風景)

髪、短くなったでしょ?

2011年9月から始めたこの軽トラ市も今月で37回を数え、丸3年を迎え、
4年目に突入します。まぁ、よく続いたもんだなぁと改めて思います。

3年間続いたコツとは?

まずは軌道に乗るまでにほんと色んな方の協力がありました。
そして、関わってくれるスタッフや出店者の皆様の協力なしにも成立しない。

今の場所に移る前は鞆鉄鋼団地内で開催していたのですが、
会場や駐車場を無料で貸してくれた企業さん。

そして、今の会場を無料提供をしてくれている沼名前(ぬなくま)神社さん、
そして駐車場として旧鞆保育所を無料提供してくれている鞆の老人会さん。

スタッフ用の駐車場として借りている鞆コミュニティセンターや
軽トラ市のチラシを町内の回覧に入れてくれてる各町内会の皆さん。

と、挙げればきりのないくらいお世話になっているわけです。

「地元のために何かしたい」
という想いだけで開催しているわけですが、振り返ってみて毎月毎月の開催で
なんで3年間続いたんじゃろうか?と考えてみたら一つの答えがありました。

それは、頑張り過ぎないこと(笑)

運営サイドはみんなそれぞれ仕事がある中で携わっているので、
「軽トラ市」の優先順位は2位以下になるわけです。

それでも運営や集客のことを考えなきゃいけないわけですが、
一人ができる事も、使える時間も限られている中で、
各々が補いあってうまくやれてるんじゃないかなと思うんです。

ミーティングなんて、全員出席しないばかりか数人の時もあります。
当日の運営も出れる人、出れない人がいます。
でも、そのゆるい感じの中でも、その都度できる人が役割を担う。

「地域に根差す」ことを目的としているので、
打ち上げ花火のような派手さもなければ、かといって線香花火とも違う。
軽トラ市はいわば「ろうそく」みたいなもんですね。

長く燃え続け、時として火つけ役となる。

そんな感じかいね?

3周年記念行事

なので、3周年記念行事!といってたいした事はやりません!(笑)
いやいや、そんなことない!(どっちやねん!)

毎月「お楽しみ抽選会」という名のガラガラ(福引)をやってるんですが、
今回はなけなしの予算から○万円の予算を景品につぎ込みます!

1等は液晶テレビ、2等は電気ケトルとちょっぴり豪華な景品と
(もちろん、3等、4等、5等、6等と様々な景品をご用意!)
いつもハズレなしなのですが、それでも残念賞の数をさらに減らし
いわゆる「アタリ」を増やしました!

このお楽しみ抽選会は会場にて500円お買いものしていただくと1回できますし、
鞆エリアの方は回覧で、田尻・水呑・沼隈エリアの方は開催日までに
新聞折り込みにてチラシを封入しますので、そちらをご持参いただくと
1回できます!また、僕のブログを読んでくださる方も参加できるよう
改めて告知しますので、お見逃しなく!

以上、チェックでした!

取材、ブログへの掲載依頼、情報提供はこちらから

広島カープ

昨日は試合なし。

今日からは中日、阪神、巨人との9連戦。
この時期に来ればもはや全部勝つくらいの勢いじゃないと優勝は狙えんね。

カープの先発ローテーションはマエケン、野村、ヒース、福井、大瀬良、九里。
こう見ると福井の復活やヒースの加入はでかいね!

現在外国人選手枠が1枠空いとる状況。(ロサリオ、ヒース、ミコライオ)
フィリップスはどうなんじゃろうか?

9連戦の初戦は務めるのはエース、マエケン!
今日はエースらしいピッチングに期待じゃ!

この9連戦を7勝2敗で行けたら優勝が見えるか!?

さぁ、今日は勝つで!

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら
(フォローよろしく!フォロバします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします