岡山県高梁市の「吹屋ふるさと村」に行ってきました!

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平です(*^^)v

先月、5月21日に「おかやまローカルアソシエイトin笠岡」のプレゼン大会(プレゼンターとして)に参加してきました。(おかやまローカルアソシエイトの詳細は上記リンク先に譲ります)

8分間という限られた時間の中で「とも・潮待ち軽トラ市」「空き家再生」「南部会」についてお話させていただきました。そして、その後の懇親会では「プレゼンターはタスキを掛けて各テーブルを周る」という仕掛けがありました。

おかやまローカル

こんな感じで(笑)。そうすると、プレゼンを聞いてくださった方がもっと詳細を聞きたいと声を掛けてくれたり、逆にプレゼンター同士が各々の報告や取り組みについて情報交換したりと「プレゼンターにうまみのある」仕組みになってるんですね。これ、とっても良い仕組みだと思いました。

そんな中、岡山で養蜂場を営む方とお話する機会があり「吹屋(ふきや)ふるさと村」「やまのうえマルシェ」というキーワードをいただき、それは行ってみたい!と先日行ってきました。今日は「吹屋ふるさと村」にフォーカスし、明日は「やまのうえマルシェ」について触れていこうと思います。

吹屋ふるさと村とは・・・?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山県高梁(たかはし)市成羽(なりわ)町の吹屋地区と呼ばれるところにある「吹屋ふるさと村」

標高550m、赤銅色の石州瓦(せきしゅうがわら)とベンガラ色で統一された外観が、約500mに渡り続いている町並み。江戸時代から明治時代にかけて中国地方でNo.1の鉱山町(吹屋銅山)だったのに加えて、江戸時代末期からベンガラという特産品の生産が重なり、繁栄してきました。その面影を色濃く残りしております。

吹屋銅山、ベンガラの生産、さらに中国山地で生産される砂鉄、薪、炭、雑穀などが集まり、問屋も多く、それにともない飲食店なども並び、「山の市場」として栄えたようです。「中継地点」という意味では鞆に似ている部分があります。ただし、こういった問屋の集まる場所は豪商がおり、財を成したものは豪邸を建てるのが常ですが、ここ吹屋はそれがない。当時から「町全体が統一されたコンセプト」の元、家が建てられたそうです。日本において、この時代から「景観統一」がなされているとは、驚きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「吹屋の紅や」という名のカフェの前にて撮った写真。ここのお店の店主と話す機会があったのですが、なんと!我が地元鞆の浦に足を運んだことがあるそうで。以前、鞆にあった「友光軒」の話で盛り上がりました。

山間部ならではの静けさ、スローな時間。500mという限られた空間に広がる統一された町並み。そして、ここ「吹屋ふるさと村」に強い想いがあり、盛り上げたいという人達がいる。それを全部ひっくるめ、この場所の魅力になっているんだと感じました。

さて、今回は「吹屋ふるさと村」の紹介でしたが、明日は同場所、第二土曜日に開催されている「やまのうえマルシェ」についてお話していきますね。

話を冒頭に戻すと、今回、吹屋地区に足を運んだのは「おかやまローカルアソシエイト」がキッカケ(笠原養蜂場の笠原さんと出会い)。様々な団体が集まり、開催しているこのイベント。最初はこのイベントのゴールはどこにあるのか?と斜に構えてましたが、活かすも活かさないのも当然ながら「自分次第」ということですね!

吹屋ふるさと村に足を運んだこの経験は、今後に必ず活きてきます。そんな気がします。

吹屋ふるさと村へのアクセス方法

最後に「吹屋ふるさと村に行ってみたい!」という方のために地図とアクセス方法を載せておきます。吹屋ふるさと村の両端に無料駐車場があります。そこに車を停めて、徒歩で散策するのが良いですよ!福山市内からは車で約1時間30分です。

以上、チェックでした!

取材、ブログへの掲載依頼、情報提供はこちらから

ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

広島カープ

「交流戦の打撃成績」

現在のチームの打撃成績は一番下の「チーム成績」参照。今日は交流戦での打撃成績をピックアップ。

得点35(12位) 本塁打8(7位) 盗塁10(1位タイ) 打率.219(11位)

打率、得点ともに振るわない結果。得点圏打率に関しては.180とさらに下がる。交流戦後、4日間日程が空くため15日の先発予定のジョンソンを登録抹消すれば、10日後に再登録となりリーグ戦再開に間に合う。それを考慮し、外国人野手を登録する案もあるとか。ただし、2軍ではルナが打率.160(ルナは数字だけじゃ判断できんかな)、プライディが打率.225と微妙な数字。

まぁ、でも鬼門とされた交流戦を12試合おえて5勝6敗1分はまずまず。・・・じゃけど、この6連戦が大事じゃね!勝ち越しでいけば18試合を9勝8敗1分と交流戦で貯金1。2カード連続勝ち越し、理想じゃね!是非現実に!

ほいじゃあ、また!

【チーム成績】
1位 試合数65 34勝29敗1分 勝率.540 2位とのゲーム差2.0
得点304 失点250 本塁打63 盗塁52 打率.264 防御率3.60

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら
(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします