鞆の空き家問題から鞆の未来について考える会~様々なレイヤーを重ね合わせて「ひとつなぎ」に

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平です(*^^)v

先週の火曜日、17日に「鞆の空き家問題から鞆の未来について考える会(仮称)」・・・開催した会の名前があるわけではありませんが、タイトルそのままの内容で、鞆に住んでる人、鞆で仕事をしている人、関わっている人、10名でざっくばらんに話し合う場を設けました。

鞆にある肥後屋の石井さんとの話の中で実現した会です。

IMG_2581_r

会場は「季節料理 衣笠」さんにて。

福山市鞆町でランチ・昼食「季節料理 衣笠の鯛めし膳」
福山市鞆町でランチ・昼食「季節料理 衣笠の鯛めし膳」
こんにちは!チェックです(*^^)v 今朝は5日ぶりの朝ジョグ。最近、雨もあって(二度寝もあって)中々走れておりません…。でも、やっぱ...

2つのグループに分かれてグループディスカッション

当初、数人での開催予定でしたが、なんやかんやで10名での開催。さすがに10名で一つのテーマについてアイデアを出しあったり、ざっくばらんに話すのは多いと思い、2つのグループに分かれてグループディスカッション、ブレスト(ブレインストーミング)を行い、テーブルで出た意見を最後に”まとめ”として発表しました。

メインテーマを元に、下記4つの項目についてディスカッションしました。

・それぞれの立場、視点から見る鞆の空き家問題
・鞆の空き家について、今後どうしていけばいいか
・鞆の町に必要なもの。こんな町になったらいい
・これからどうしていくか

空き家率は高いが情報が上がってこない。古すぎて住めない。気軽に住めない(気合がいる)。一人暮らしには家が大きすぎる。住むには意外と便利(バスの便も多い)。住みたくなるような物件があれば・・・などのそれぞれに思う空き家の現状。

空き家の活用方法としては、移住用、鞆に戻ってきて住む人用、宿泊施設(ゲストハウスなど)、シェアハウスなどが上がる中、実際に住んでみないと鞆の良さ(悪さも含め)が分からないから移住体験などでハードルを下げてあげる必要があるという話も上がりました。

また、住むとなると仕事の問題がある。ただ、必ずしも鞆で仕事をする必要はなく、市内から十分通える範囲。また、こちらサイドの勝手な都合になるけれど「職場を選ばない人(どこでも仕事ができる人)」、デザイナーや作家さんなどに住んでほしいなどの話も上がりました。

集まっていただいた皆様からの意見を今後のアクションに反映させます!

様々なレイヤーを重ね「ひとつなぎ」に

次回開催は未定ですが「これからどうしていくか」の部分では、キーマンとなる人の名前もあがりました。次回はその方も呼んでの開催になります!

そして、今回は「鞆の空き家」にフォーカスをして話をしましたが、空き家問題以外にも鞆には様々な課題や問題があります。しかし、それらがバラバラで動いていたらもったいないな、と感じました。

「空き家の問題」一つとっても、活用方法を「居住用」とするならば、対象となるのが外からの移住者なのか、鞆に住んていた人に戻ってきてもらうかによってもアプローチが違いますし、年齢によっても違う。

若い世代なら子育て環境が気になるでしょうし、老後鞆に移住される方はコミュニティの存在や介護の問題が関わってくる。

鞆の将来を担う若い世代を創出するには、地元の歴史、伝統、文化の継承、教育は欠かせない。

IMG_2709_r

色んなカテゴリを「層(レイヤー)」として捉えるとこんなイメージ(配置位置に優劣はない)。様々なレイヤーがあり、一件バラバラに見えるけれど、共通項となる部分は必ずある。それを右の絵のように「ひとつなぎ」にしてあげる。

そうすることで発信力や影響力が高まりますし、それが一目おかれる、憧れる、いわゆる「鞆の浦スタイル」に繋がるわけです!

外から何を言われようが立つのは地元民です。地元の方が主体となり、積極的に外からの風(鞆以外の方)も取り込み、前に進む推進力とする。

いきなりがっつりスクラムを組むのではなく、少しずつ手をつないでいくイメージ。それがいつしか大きな輪となる。

そして主語は「わたし」でもなく「あなた」でもなく「わたしたち」という主語で話を進める必要がある。鞆に捕らわれることなく、日本の一部だという所属意識を持つことも大事。

そんなイメージを頂きながら、今日も自分にしかできないことをやっていきます。

変なまとめ(笑)

以上、チェックでした!

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) " Instagram photos and videos
615 Followers, 576 Following, 311 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

「カープ新グッズ第4弾の紹介!」

第4弾は「赤色旋風」ということでレトロ感ある「ヴィンテージブランケット」。そして、まさしく旋風を巻き起こしてくれる「赤ヘル扇風機(数量限定)」。この赤ヘル扇風機はなんと、USB端子になっているのでパソコンに繋げて使用することも可能。

詳しくはこちらでチェック!

CARP OFFICIAL GOODS SHOP

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

チェック社長 小川真平(@Shinpei_Ogawa)さん | Twitter
チェック社長 小川真平 (@Shinpei_Ogawa)さんの最新ツイート 福山市鞆町で住宅リフォーム、LPガス販売、ペレットストーブを扱っているサンモルトの社長。チェック柄がトレードマーク。シーズン中はカープのツイート多め。軽トラ市、火育活動、空き家再生プロジェクトなど地域を元気に、日本を元気にする活動も展開中!詳し...

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします