鞆銀座村憲法

平成31年2月11日、鞆銀座村の建村にともない、村の憲法を公開します(建国にならい、建村としました)。

鞆銀座村、建村の経緯はこちら。

鞆銀座村の村長に立候補しました!~村の憲法草案、立案。投票率が100%の村
鞆銀座村の村長に立候補しました!~村の憲法草案、立案。投票率が100%の村
こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v 今からさかのぼること4年前。今の「福山...

鞆銀座村 憲法

第一条【理念】
和をもって、輪をひろげ、環をつなぐ
※日本人が古来より大切にしてきた和の精神と心を大切にし、それらを主体的・民主的に広げ(輪)、循環させる(環)。

第二条【目的】
・町の価値を向上させ、経済効果を生み、還元する
・我が町、我が国に誇りを持ち、自分事と捉える人を育てる

第三条【基本方針】
一、村の運営は、広く会議を開き、人々の意見によって行う
一、年齢、立場に関わらず、心を一つにして村を治めていく
一、誰もが夢や志を持ち、その意思を達成できるようにする
一、慣習や固定概念にとらわれず、常に変化し続ける
一、新しい知識を世界から学び、村と日本の基礎を築く

第四条【事業】
・鞆銀座(旧商店街)の価値を高める
・村人の夢や志をみんなで叶える

第五条【入村要件】
・夢追い人であること
・スキル(技術、得意分野、好きなこと)を示し、活かすこと
・村税を納めること
・利他の精神を持つこと
・鞆のことが好きで、鞆のために力を発揮できる人
・村のため、国のため、人のために行動すること

第六条【鞆銀座村の定義】
・鞆銀座村は、しまなみ信用金庫より北西へ約800mの旧商店街とその周辺を指す
・入村要件を満たせば、誰でも入村できる。鞆銀座村への定住の義務はない

第七条【会議】
<村会議>
・村会議は年に1回行う
・村人の1/3以上の請求があった場合に開催する
・また、必要に応じて村長や役員が招集し開催する
<役員>
・次の役員を置き、村会議もしくは選挙で決定する。ただし、担当大臣は必要に応じて任命、解任する。
  村長 1名
 副村長 2名
担当大臣 適宜
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第八条【財政】
<村税>
村人は鞆銀座村に対して年に1,000円の税金を納める。 400円を村の運営、300円を石井町内会、300円を関町内会へ納めるものとする。

第九条【改正】
この憲法の改正は役員の2/3の賛成で、村会議が発議。村人の1/2の賛成をもって改正する。

第十条【記念日】
平成31年2月11日を建村記念日とする。

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします