【キャンプ】冬キャンプは一酸化炭素中毒、火災などの事故に注意!~本日の中国新聞より抜粋

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

今日(令和2年1月9日)付けの中国新聞を読んでいると気になる記事が。それがコチラ。



冬キャンプの人気が高まっているとの記事。キャンプブームを受けて利用者が増えている。キャンプをする人が増えると怖いのが事故。テントやシェルターの中で石油ストーブや焚き火をする人も出てきそう。当然ながら密閉された空間での石油ストーブや焚き火の使用はNG。

ただ、昔は家でガスストーブや灯油ストーブ、湯沸し器などがあり「換気をしながら使う」のが当たり前でしたが、最近はエアコンや電気を使ったヒーターなどの方が多い気がします。そうすると「換気をすることの重要性」を知らない人もいるんじゃないか、と。火育マイスターとしては不安に思うわけです。

火を使うには当然ながら酸素が必要。密閉された空間で火を使うと、酸素が不足し、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素の発生原因になります。さらに一酸化炭素は目に見えず、しかも無臭。気づかないうちに頭痛、吐き気、耳鳴りなどの中毒症状を起こし、重症になると死に至る場合もあります。

AC電源があるキャンプ場やサイトを利用して、テントの中は、電気ファンヒーターや電気毛布で対応。シェルターなどで石油ストーブを使う場合は、必ず換気しながら使いましょう。アウトドア用で小型の「一酸化炭素警報器」もあるので、用意しておけばさらに安心です。

キャンプで一酸化炭素中毒で亡くなったとか、テントが燃えたというニュースを聞くことがあります。十分に安全に配慮した上で、冬キャンプを楽しみましょう!

では、また明日!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) • Instagram photos and videos
1,083 Followers, 704 Posts. 広島県福山市で活動するチェック社長。住宅リフォーム、LPガス、ペレットストーブといった仕事のこと。空き家再生、軽トラ市、火育など地域に活動をカメラで切り取ります。チェック柄がトレードマーク。詳しい僕の活動は365日更新しているこちらのブログ参照 #GLAY #mi...

広島カープ

2020年1月8日(水)

「新人9人、大野寮へ」

ルーキー9人が廿日市市にある大野寮の入寮。この時期の風物詩じゃね。寮長から、食事制限や門限などの寮生活の決まり事などの説明を受けた。

ルーキーは誰もが通る道。ここから何人スター選手が生まれるか、未来のカープを担う選手が現れるか。楽しみじゃね!

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします