【ペレットストーブ】シーズンオフメンテナンス~さいかい産業RS-4のメンテ方法

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

ここ数日、ぐっと気温が上がり、暑い日が続いております。

気温が上がってくると役目を終えるのがペレットストーブ。約半年間、休むことになります。シーズンオフとなるこの時期にやっておきたいのがシーズンオフメンテナンス。今の時期にしっかりとメンテナンスをしてあげることで、次のシーズンも快適に使うことができます。

そこで、今日はペレットストーブのシーズンオフメンテナンスの方法をお伝えしていきます!さいかい産業のRS-4のメンテナス方法です。

シーズンオフメンテナンスの方法

シーズンオフメンテナンスは大きく分けて3つ。

・燃料タンクの掃除
・配管の掃除
・炉内の掃除

この3つです。続いて必要になる道具をお伝えしてきます。

・掃除棒
・掃除ブラシ
・エンドキャップ
 ※これらはストーブの純正品(追加注文可能)
・軍手
・ビニール袋
・養生テープ
・短めのプラスドライバー(写真に写ってませんが…)
 ※これらはホームセンターで購入可能

道具の準備ができたら、メンテナンスをやっていきましょう!

燃料タンクの掃除

まずは燃料タンク内にある木質ペレットを使いきりましょう。タンクの中から取り出して別で保管してもオッケーです。

タンクの底にたまっている木質ペレットの粉はペレット専用掃除機、もしくは布フィルターの掃除機で吸ってあげます。

必要に応じて、タンク内のカバー(スパイラルカバー)を開ければ、スパイラル部分に溜まっている木質ペレットも取り出すことができます。ビスを外す際は、必ず供給をストップさせておいてください。短めのプラスドライバーを使えば、つっかえることなく外せます。

木質ペレットが取り除けたら完了です。

配管の掃除

続いて配管の掃除です。直前にペレットストーブを使っている場合は、その日の掃除は控えてください(炉内掃除も)。

室内および室外に立ち上げ配管がある場合は、T字管を外しておきます。この際、必ず軍手をしてから作業するようにしてください。T字管の口が鋭利になっており、怪我をする恐れがあります。

T字管を外すだけで、中から灰やススが出てきます。

外した後は、このようにビニール袋を養生テープで固定します。

こちらの排気トップを外します。

続いて、掃除ブラシと掃除棒を取り付けます。ネジになっているのでしっかりとはめ込んでください。ねじ込みが甘いと掃除の途中でブラシが抜けてしまうと面倒です。

長さが足りない場合は、掃除棒同士を接続することで、カバーできます。

準備ができたら、屋外から配管の中へ掃除ブラシを突っ込みます。

配管が90°に曲がっているところは突っ込みづらいですが、少しずつ力を加えてあげればブラシが入っていきます。こうして配管の中の灰やススを落としていきます。

ある程度取れたら、今度は室内側からも突っ込んであげると、さらに取れます。この時、ペレットストーブ専用掃除機で吸い込みながら行うと室内に灰やススが舞いにくくなります。とはいえ、ゼロではないので換気をしながら行ってください。

さらに、掃除機を配管の中に突っ込み、残りの灰やススを取り除きます。その時、掃除機の吸い込み口と配管の径が合わないと思います。濡れた雑巾などで、掃除機の吸い込み口をくるみ、配管の径と合わせることで、中の灰やススを効率よく吸い込むことができます。

掃除が終わったらエンドキャップを取り付けて終了です。

エンドキャップには水抜き穴がついています(キャップにある黒い点が水抜き穴)。水抜き穴が下にくるようにエンドキャップを取り付けてください。

取り外した排気トップはなくさないように保管しておいてください。

炉内の掃除

最後に炉内の掃除を行います。

こちらは日常メンテナンスでもされていると思いますが、ガラス窓の掃除、炉内の掃除、シャッター内部の掃除を行っていきます。

炉内の掃除はやわらかいブラシで灰やススを落とし、最後に掃除機で吸い込むとスムーズです。扉のガラス面の灰やススも綺麗にしておきましょう。

また、中級メンテナンスとして、セラミックを外すこともできます(新しいタイプはバーミキュライト)。

両サイドのセラミックは、こんな風に上部分を持ち上げると外しやすいです。

背面、側面2枚、合計3枚のセラミックを外すとこんな感じ。ここもススが灰が付着してます。ブラシで取ってあげましょう。シャッター内部の掃除もお忘れなく。

炉内が綺麗になりました!めっちゃスッキリ!!

掃除の過程で床にススや灰が落ちるので、最後に床を綺麗にして完了です!

まとめ

今回ご紹介したのはRS-4です。SSシリーズは多少メンテナンス方法が異なりますので、設置時にお渡ししました取扱説明書をご覧ください。

掃除の過程で、感震装置が作動(鉄球が落ちる)たり、給気レバーが通常と違う位置になる場合があります。関心装置や給気レバーは、室内掃除をしていると当たってしまうことがあります。シーズンインの時には、チェックしてくださいね。

また、シーズンインの注意事項などはこのブログを通じて、お知らせしますね。

では、また明日!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

https://www.instagram.com/shinpei_ogawa/

広島カープ

2020年5月2日(土)

「フランスア、本格投球」

コンディション不良によりノースロー調整をしていたフランスアが本拠地ブルペンで本格投球。捕手を立たせて20球、座らせて20球の計40球。

勤続疲労もあったじゃろうね。この期間を休養+調整に充てて、前みたいな剛速球を投げてほしいね!

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします