日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウムのパネルディスカッションに参加しました

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

平成31年(西暦2019年)2月24日に日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウムが開催されました。

日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウム~パネリスト「ほか」として参加します
日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウム~パネリスト「ほか」として参加します
こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v 鞆の浦が日本遺産に認定され「日本遺産鞆...

その中のプログラムの一つ、パネルディスカッションに参加してきました。

鞆の暮らしの昔と今

パネルディスカッションは、日本遺産プロデューサーの小山さんをコーディネーターに、パネラーに福井県小浜市の教育委員会の下仲さん、鞆の浦歴史民俗資料館の通堂さん、入江豊三郎本店の入江さん、そして僕というメンバーで臨みました。

シンポジウムの中では小浜市の取り組みの講演がありました。まずはそれを受けての意見交換からスタート。日本遺産に認定される10年ほど前から様々な取り組みがなされており、これまで蓄積してきたものがあった。それが日本遺産の認定を経て、花開いた。そんな話をされていました。

小浜市は「小浜鯖」というブランドがあります。京都に近いことから「京料理は小浜があってこそ」と言われるように、京の食文化に欠かせないものになっている。その「鯖」をフック(入り口)にストーリーを構成していく。

では、鞆の浦はどうしていくか?

そこで、360年前からある保命酒(ほうめいしゅ)や鞆の食文化の掘り起こしにスポットが当たる。後者が僕たちが実行していく事業「食の魅力発信事業」というわけですね!

小浜市は日本遺産の事業が終わったあとも、しっかりと組織づくりを行い、継続運用できる仕組みが出来上がっている。

一番のポイントは「そこ」だと思うんですね。日本遺産認定を単なる打ち上げ花火で終わらせてはいけない。なかなか一枚岩になれない我が町。しかし、しっかりと継続した事業を行える組織をつくれるかどうか。それが今後の鞆の浦の未来を左右すると思います。

若者が活躍できない地域に未来はない。子ども達にも、地域の未来を我々の背中で語れるよう、できることをやっていきます!

以上、チェックでした!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

福山市の飲食店の情報発信のお手伝い!

福山市の飲食店の情報発信、集客のお手伝い!~チェック社長のブログを通じて情報発信に悩む飲食店の力に
福山市の飲食店の情報発信、集客のお手伝い!~チェック社長のブログを通じて情報発信に悩む飲食店の力に
こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v 平成26年(西暦2014年)2月8日か...

鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) • Instagram photos and videos
1,061 Followers, 913 Following, 680 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

2019年2月26日(火

「楽天との練習試合」

先発の野村は3回を被安打1、無失点と好投。ボールのキレ、制球ともにさえわたり「すべての球種で腕をふってコントロール良く投げれた」と本人も手ごたえ。先発ローテに不安の残る中、大瀬良、ジョンソン、野村の3本柱は揺らぐことなく、ローテを守ってほしい。

レグナルト、島内も、それぞれ1回を投げて無失点と、アピールを続ける。

打線は堂林が右方向への本塁打を放つ。個人的な願望は、3番サード堂林。足もあるし、可能性はゼロじゃない。ハマればおもろいとおもうんじゃけどなぁ。

ほいじゃあ、また!

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします