新元号は「令和(れいわ)」に決定!~万葉集、巻第5、梅花の歌三十二首から出典。現代語訳で解説

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平(@Shinpei_Ogawa)です(*^^)v

平成31年(西暦2019年)4月1日に新元号「令和(れいわ)」が公表されました。

平成と呼べるのもあと1カ月。新しい時代の幕開けとなりますね!

昨日のブログはエイプリルフールのネタです、、本気で考えたのですが、かすりもしなかった。昭和の「和」が使われるのは、予想してなかったです。

「令和」の出典は万葉集

新元号「令和」の出典は万葉集、巻5、梅花の歌三十二首。「令和」が載っている一文を抜粋してみました。

時に、初春の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風らぎ(やわらぎ)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫らす(かおらす)。

現代語訳すると、

時は初春の佳き(良い)月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。梅は鏡の前の美女が装う白粉(おしろい)のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香にように匂っている。

なんとも清々しくて、気持ちの良い歌ですね。新時代の風が心地よく吹き込むような、そんな歌。末広がりの「令」の字が結構好きだったり。万葉集といえば、我が地元、鞆の浦にも大伴旅人の歌が残されてますしね!

昭和から平成になったのは僕が小学校2年生の時。名前が「真平」なので、新元号に「平」の字が付いた時は、なんとも嬉しかったことを記憶してます。名前に「成」が付く友達に肩車してもらい「平成!」なんてやったり(笑)

そんな平成の時代も残すところ1カ月。5月からは令和元年。

元号と共に、我が国が末永く続いていきますように。

以上、チェックでした!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

https://www.instagram.com/shinpei_ogawa/

広島カープ

「ドラゴンズと3連戦」

今日からはナゴヤドームでドラゴンズと3連戦。魔境と呼ばれるように相性が悪いとされる球場。ちなみに昨シーズンは3勝9敗と大きく負け越し。

あんまり苦手苦手言うもんだから、本当にそうなっている気がして。あまりいいたくない。

中日戦の先発ローテはジョンソン、野村、岡田。共にナゴヤドームの苦手意識はない。打線は野間が好調で、二日前の試合には3番に座る。1番~3番が出塁、チャンスメイクして、4番、5番で返す。そうすれば勝てる!

ほいじゃあ、また!

【チーム成績(2018年3月31日現在)】

順位 試合数 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
4 3 1 2 0 .333 1.0 10 11 2 1 .253 2.67

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長(小川真平)

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします