ハリウッドデビュー!?ウルヴァリンSAMURAIの撮影秘話(中編)

シェアする

こんにちは!チェックです。

さて、さっそく前回の続きを行きましょうか!
あ、「前回のブログをまだ見てないよ~」
って方はこちらでチェック!

ウルヴァリンSAMURAIの撮影秘話(前編)

ウルヴァリンSAMURAIの撮影秘話(中編)

2012年9月5日。午前5時。

まさかの現地5時集合。当日は4時起きでした。

設定が”秋”ということでまだまだ暑い9月初旬に
長袖着用で家を出たのでした。

僕たちがブースをセッティングするのは鞆港。

5時集合のはずなの現地には誰もいない…。
5時30分頃、協力してくれた出店者の方が
集まり始め、朝市のセッティングを開始。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2012年9月5日、午前6時の鞆の浦。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽トラックが集結し、ブースを展開していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

停泊中の漁船には事前にセットされたであろう
大量旗が掲げられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前7時。ブースのセッティング完了。

鞆の港に朝市の光景が映えます。

この時は、まだ鞆の町中から少し離れた
鞆鉄鋼団地で開催しておりましたので、
当初の”鞆の町中で開催したい!”という想いが
この風景を見て増長されたんよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

陽が昇り、港に太陽の光が差し込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらもロケセットの大漁旗。

そうこうしてると一台のバスが到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうやら撮影で使われるバスらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「…ん!?鞆なのに長崎行!?」

そうなんです。映画を見た人は分かると思いますが、
設定は長崎。撮影場所は鞆なのに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まぁ、でも、撮影ってそんなもんよね。

そして、待つこと1時間、2時間、3時間…。

さらに、4時間、5時間…。
何もしないままお昼になりました(笑)

担当者に確認してもいつになるか分からないそうで。

この間、バスの中の撮影が行われていたようです。

お昼頃になると、港の方がにわかにザワつきだす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お!いよいよ撮影がはじまるのか!?

しかし、僕たちが居るのはこの写真より随分手前。
見えるか見えないかの場所で撮影の準備、
もしくは打ち合わせがされている。

撮影したのか、していないか?それすら分からないまま、
僕たちは何もしないまま、ランチライムへ。

シーサイドホテルで撮影スタッフと同様の
ケータリングをいただく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左奥にヒュージャックマンがかすかに見えた(笑)

ランチを終えてもまだ待機。
そして、15時半頃、再び港がザワつく。

「お!これは撮影に入るっぽい!?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかーし、写真でも分かるように、
僕たちが居るところよりはるか向こう。

撮影している雰囲気はバシバシ伝わってくるのと同時に、
このシーンでは確実に映らないという雰囲気も
バシバシ伝わってくる(笑)

はるか向こうでの撮影が終わり、
撮影スタッフがこっちに歩いてくる。

「お!?ついに朝市シーンの撮影じゃ!」

と、思いきや僕らの前のスルーし、別の撮影場所へ。

一抹の不安を抱きながら、それでも待つ。
朝5時から、かれこれ11時間、12時間…。

時間は夕方の17時。
再び撮影スタッフがこっちに向かってきた。

「ついに朝市シーンの撮影じゃろ!?」

さて、どんな撮影になったのか!?続きは次回!

ウルヴァリンSAMURAIの撮影秘話(後編)

以上、チェックでした。

共に地元を元気にしよう!

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします