地域や日本のことを考えた3つの活性化(後編)

シェアする

こんにちは!チェックです。

さっそく昨日の続きをお話していきますね。

昨日のブログを読まれてない方はこちらから
地域や日本のことを考えた3つの活性化(前編)

fukuyamajou_09

共育の活性~地域と日本の子ども達の未来を育む~

最近、火に触れる機会が減ってきている。

古来より人間と火は密接な関係がありました。
火を見たら和む、落ち着く、
火の回りには 自然と人が集まる。

a0027_002808

それはきっと、古(いにしえ)の記憶が
DNAに刻まれているんだと思うんよね。

物質的には豊かになったけど
“心の豊かさ”が置いてけぼりになっとる。

火に触れる機会の減少がその要因の一つの
ような気がするんです。

だから、火に触れる機会を増やし、 その暖かさ、
豊かさ、大切さを子ども達に教えてあげたい。

「火育」という言葉があります。

「火に親しみ、火を学ぶ」体験を通じて、
豊かな心を育み、生きる力を高めること。

その「火育」について体験や学習を交えながら
推進に取り組んでいきます。

それを伝えていく「火育マイスター」という資格があります。
今年の4月に講習を受講し取得する。
そして幼稚園や小学校で講演(というよりは一緒に体験)
するのが目標です。

同時に子ども達に正しい日本の歴史認識や、
地元の歴史、伝統、文化なども伝えていきたい。

自分の故郷であるこの地元の素晴らしさを伝え、
将来、地元に残り(戻り)活躍してほしい。

そうることでこれも必ず“地域の活性”に繋がる。

そして、
それに加えてやっていくのが「木質ペレット」の普及。

「木質ペレット」とは木材を乾燥・圧縮させたもの。

IMG_1689

これが「ペレットストーブ」の燃料になります。

現在、日本では安価な輸入木材が流通し、
年間4tトラック60万台分の木材が捨てられている。

この”捨てられる木材”を木質ペレットにすると
500万台のペレットストーブの燃料になるんよね。

木材は当然地元の里山などで加工、運搬し、
燃料となる木質ペレットも地元で作られるので
地域に雇用が生まれます。

地域の資源を地域で消費する。

ペレットストーブが普及していけば、
エネルギーの地産地消が実現できるんよ!

もちろんこれも“地域の活性”になります。

今はこちらのアメブロでペレットのことなどを
発信してますが、このブログとの統合も検討中。

発信していくことを明確じゃけぇね。

まずは大前提として、自社の存在価値を高め、
日本一働きたい会社をつくる。

その使命から先を見据え、
「地域」「企業」「共育」の活性化を行う。

それらを包括的にこのブログで発信していく。

ちょっと昨日、今日の内容は自己的な
発信になってしまいましたが、
このブログの方向性を定め、確かめるのに
必要なことだったので。

さぁ、やるぞ。

以上、チェックでした。

共に地元を元気にしよう!

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします