人生で2度目の知覧特攻平和会館に行ってきた~彼らの「生き方」に触れる

シェアする

こんにちは!チェック社長こと、サンモルトの小川真平です(*^^)v

約2ヶ月前の話になるのですが、6月22日に鹿児島県にある「知覧特攻平和会館」に行ってきました。7年前にも一度足を運んだことがあるのですが、29歳の僕と36歳の僕では感じるものが違うと思い、鹿児島に行った折に足を延ばしました。

沖縄戦は昭和20年(西暦1945年)3月26日に始まり6月23日に終了。偶然にも沖縄戦が終わる1日前に足を運んだこととなりました。

沖縄での特攻作戦とは?

昭和20年(西暦1945年)3月26日から始まった沖縄戦。沖縄は本土防衛の最前線、最も重要な場所でしたから、その最前線を文字通り死守するために採られたのが特攻作戦です。

大東亜戦争(第二次世界大戦)の末期、通常の攻撃では戦果があげられず帰還率もほぼゼロの状態でした。日本の存続をかけた戦い。特攻作戦しかないとの結論でした。

戦艦大和も沖縄戦に参戦するために、呉から出撃しましたが、道半ばで沈められてしまいました。

アメリカ軍は昭和20年(西暦1945年)3月26日に慶良間(けらま)諸島へ上陸。この時、特別攻撃隊は沖縄、石垣島、宮古島から出撃。4月1日に沖縄本土への上陸されると、九州及び台湾から出撃するようになりました。

知覧飛行場が本土最南端だったということもあり、1,036名のうち402名が知覧から出撃しております。出撃したのは知覧飛行場だけでなく、鹿児島県の万世(ばんせい)飛行場、熊本県の健軍(けんぐん)飛行場を始め、九州各地、そして山口県の飛行場からも出撃しました。

特攻に使われた航空機以外の兵器

航空機による特別攻撃は良く知られていると思いますが、その他の兵器、そして沖縄戦以外でも行われました。魚雷を転用し、人間魚雷と呼ばれる「回天(かいてん)」。小型のモーターボートに炸薬(爆弾につめる火薬の一種)を搭載した「震洋(しんよう)」。その他、特攻専用機として開発された「桜花(おうか)」などもありました。

7年ぶりの知覧

7年前に行った時は歴史と事実を目の当たりにしました。そして、今回は「彼らの生き方に触れる」ことができた気がします。

この写真を見たことのある方は多いかもしれません。17歳~18歳の少年兵。出撃2時間前に撮られた写真です(厳密には沖縄の天候不良で翌日の出撃となった。全員戦死。)

これから出撃するとは思えない穏やかな表情。死と向き合い、我々では図ることのできない、様々な葛藤、想いがあったと思います。

それでも、己の使命を受け入れる。この穏やかな表情の裏に「自分の生き方に対する覚悟」を感じました。国難に際して自分のためではなく、日本の未来のために命を懸けて戦った先人たちがいたこと。彼らに恥じないような生き方ができているのか?今一度自分に問いかけるキッカケとなりました。

彼らが守りたかった日本。彼らが我々に託した日本の未来。そんな彼らに胸が張れるか。

3日後は敗戦の日。流れてくる情報からではなく、自らが学びたい、知りたいことに触れる機会にしましょう。

以上、チェックでした!

(続いて、サブコーナー「今日の広島カープをチェック」は下へ!)

☑ブログランキングに参加中!本日のチェック社長のブログは何位だ!?
クリックして応援してくれると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へにほんブログ村

☑鞆の浦の風景を切り取っているチェック社長のインスタはこちらでチェック!

小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa) " Instagram photos and videos
791 Followers, 751 Following, 384 Posts - See Instagram photos and videos from 小川真平(チェック社長) (@shinpei_ogawa)

広島カープ

2017年8月11日(金)
巨人 9-2 広島

打線は4回裏、ツーベースで出塁した菊池を2塁に置き、鈴木誠也がレフトへの特大のツーランを放ち先制!

先発は久々の一軍のマウンド、福井。初回を三者凡退に抑え、その後をランナーを出しながらも4回までは無失点。しかし5回表、先頭打者に四球を与えるも2アウトをとる。しかし、その後、ヒットと四球で満塁とすると、阿部に走者一掃のタイムリーを浴び逆転を許す。さらに2本のタイムリーを浴び5失点。代わった中田廉も打たれこの回6失点。

結局福井は4回2/3を投げて被安打9、奪三振2、与四球2、6失点と試合を作れず。6回、7回はヘーゲンズが投げ2失点。8回、9回は佐藤祥万が投げ無失点。

打線は鈴木誠也のツーランの2得点のみ。繋がらず散発8安打。

投打がかみ合わぬ、苦しい試合が続くね。これでチームは3連敗。ここは踏ん張り時じゃ!長いシーズン、こういう時もある。でも、3連敗って久々すぎていつぶりか分からん。

明日は薮田で連敗ストップじゃ!

ほいじゃあ、また!

【チーム成績(2017年8月11日現在)】

順位 試合数 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 105 63 38 4 .624 558 406 115 84 .276 3.40

試合中はカープのつぶやきが多いチェックのツイッターはこちら

(フォローよろしくお願いします!フォローバックします!)

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします