鞆の鉄鋼業の起源~福島正則の鞆城築城を支えた鞆鍛冶~

シェアする

こんにちは!チェックです。

今日は4月1日。
新年度、新学期、新社会人など
新たなスタートをきる方も多いのではないでしょうか?

この時期になると、社会人になった時のことを思いだします。

僕が社会人になったのが2004年。
な、な、なんと、あれから10年の月日が経っとる!

今でも社会人デビューした時のことをハッキリと覚えてます。

さて、我がサンモルトは福山市鞆町にあります。
(鞆=「とも」と読む)

その鞆町の中でも「鞆鉄鋼団地」と呼ばれる
工業団地の一角に事務所を構えてます。

その「鞆鉄鋼団地」について2回に渡り
お話していきますね!

今回は鞆の鉄鋼の起源。
鞆鍛冶について触れていきましょう。

鞆鉄鋼業のはじまり

鍛冶の発祥と沿革

刀鍛冶に始まった鞆の鉄鋼。

戦争があるたびに、そのほとんどが
武器の制作に携わっとったらしい。
その歴史は今から700年前にさかのぼる。

1271年の蒙古襲来。
いわゆる元寇(げんこう)の時から
武器の制作しとったことになる。

その後、1600年(慶長5年)に福島正則が
関ヶ原の戦いの武功により安芸(広島)と備後(鞆)の
49万8千石に封ぜられ広島に入城する。

250px-Masanori_Fukushima

福島正則が入国すると既存の城郭を
「鞆城」として整備をはじめる。
(今の鞆の浦歴史民俗資料館がある高台)

その城域はかなり広範囲に渡ったらしい。

この築城の時に必要な建築金物などは
鞆鍛冶によって作られたとされています。

ちなみに、鞆城は完成の前にそのでかさから
家康の嫌疑がかかり、築城途中で廃城となった。

戦の終焉、平和と農具

戦がおさまり、平和になるにつれて武器の製造から
農具(鋤や鎌)などの製造に転換。

刀匠も刀鍛冶から農具鍛冶に転業していく。

船具類の生産

海運が主だった頃、瀬戸内海の中心部にある
鞆の港は船で溢れ、船具の需要が生まれ、
生産技術も上がっていった。

鍛冶職人はいつしか舟釘、錨などを制作し
時代の流れと共にシャックル、ブロックなどの
舶用品のほか、建築金物・建築用品の生産も
増加していき、その種類も数も増やしていった。

山陽本線開通と軌条用品

明治23年、福山・尾道間で山陽本線が開通。
こうした急速な陸運の発展により、海運は下火になる。
また、鉄道の延長に伴い軌条用品(レールなど)の
需要が活発化していく。

さらに、戦後の復興による道路整備の流れから
伸鉄の需要が高まっていった。

時代の流れと共に神鉄は数を減らしていき、
船舶用、建設用、橋梁用などの製品を作り続け
現在に至っています。

次回はどうやって現在の「鞆鉄鋼団地」に
至ったかをお話していきますね。

色々調べると勉強になるし、何よりおもろい!

以上、チェックでした。

共に地元を元気にしよう!

The following two tabs change content below.

チェック社長

代表取締役株式会社サンモルト
1981年、広島県福山市鞆町生まれ。地元を中心にプロパンガスの販売、住宅リフォーム、ペレットストーブの販売を行う傍ら、地元を元気にする活動を展開中。毎月第4日曜日に鞆町の沼名前神社で開催しているとも・潮待ち軽トラ市(鞆の採れたて朝市)。「火育マイスター」として、火を通じて子ども達のココロと生きる力を育む火育活動。住宅リフォーム大学の講師。鞆町の空き家再生プロジェクト。福山南部の未来を創る会所属。これらの活動を通じて地域から日本を元気にする。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします